コメント: smoking and salience

履行利益(逸失利益)と信頼利益(出捐額)の区別は意外に合理的だよ、ということでしょうか?

それは普通は全然違うロジック(契約に対する投資のインセンティヴ)で説明されるものだと思うけど。

すみません、言葉足らずでした。
取引的不法行為の場合には信頼利益のみで履行利益賠償は認めないという古典的定式について
そもそもこの区分自体が理解できなかったのですが
信頼利益(タバコ代)のほうが目に見えるので
裁判官が認めやすくて
逸失利益(将来の健康)は目に見えないので
認めにくいということなのかな
と思っただけです。
(そうなると信頼利益、履行利益の区別もあるべき状態をそもそも契約を結ばなかったか、あるべき契約を結んだか、ではなくて直感で目に見えるといえるかどうかになるんでハラハラドキドキなことになってしまうんですが)

そして、そもそも「合理的」かどうかの話ではないですね
間違いでした

no importa.

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)