コメント: japanese roasted tea

>煎茶をほうじ茶にしていることもあって
このお茶は何をほうじ茶にしているのですか?

最近、うおがし銘茶がさり気なく値上がりしているように思われるのは気のせいでしょうか・・。


うおがし銘茶の「はいから」は,煎茶を使ってると説明された(これに対し「都ほうじ」は,確か普通の番茶だったと記憶)ことがあるけれど,こちらはちょっと分かりません。

茎の割合がすごく高い(ので,加賀棒茶に似てる)のは分かるんですが,葉の部分は何なんでしょうねぇ。聞いてみないと分かりません。番茶のように大きな葉が入っているのではなく,煎茶のように細い葉であることは確か。

ともあれ,焙煎も浅めで,スーパーで売っている安いほうじ茶のように,お焦げの香りだけが強くてお茶の味がしないのとは,全く別物です。

ありがとうございます。

水色はうおがし銘茶に似ていますね。

うおがし銘茶のはいからは,2煎目から赤っぽく色が変わりますが,こちらの色は安定してますね。
まぁ,うおがしが変なのですが。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)