コメント: negotiable instruments

それが「正しい」ことを読者に納得させるのは難しいかもしれませんね。楽しみにしています。

案外,頭が白紙の状態の学生さんには分かりやすくて,既に伝統的な手形理論で洗脳されている教員の方が,分からないとか言い出しそうな気がする悪寒w

たとえば,「無因」のところについてちらっというと,少なくとも,伝統的な説明では,何でそもそも「無因」「有因」ってことを考えなければいけないのか(=原因関係と手形関係の二階建て構造をなぜ観念する必要があるのか)は,説明できないよね。とゆーか,そのことを説明している教科書が見あたらない

授業をやってみて手形関係と原因関係に分けて考えるのは
おかしいと思いながらも説明するのに便利だからと無意識のうちに
連発していることが多いことに気づかされました...
私も既に洗脳されている方の一員のようです

講義では、「所有と占有が一致している金銭」との対比や
「特定」にからめて説明することが多いのですが
なぜ、金銭だけ特別の扱いなのかとか
流動性預金などの「特定」における取り扱いの差異とかの説明を
教員のほうが正しく理解していないので
結局、突き詰め切れていないのを
だましだまし授業している感じです

法律学の構造なんて「そういうものとされている」から、というのはありますよね。

それが間違っているように思ったとき、自分の理解が足りないからだと考えて、整合的な説明をしようと努力してみるか、間違ってるさ、とぶっ壊しに行けるか。

論文だとぶっ壊しにいけるけど、教科書でそれをやるのは勇気がいるなあ・・・つーか、私がそこでテストされるのか。

有因と無因とは論理必然に出てきたものではなく、手形法の領域における種々な問題の解決のために「無因論」というツールが用いられたというように考えていました。
昔司法試験の答練採点において手形の問題の場合、有因論ゆえに悩んで考えなければならない問題を無因論は全く悩まずに回答できるため、無因論を採ること自体が出題意図に反している結果になるとして減点したことがあったように記憶しています。

民法で言う,「物権行為の独自性を観念するか」に似たところがありますよね。そういえば,日本民法が独自性を観念するのは,なぜなんでしょう? 学部時代の授業では,説明されなかった(または,説明されたけれど覚えてない)ような気が。
ちなみに,僕らの説明の仕方だと,どうして無因・有因の立場が分かれるのか,そしてそもそも,なぜそういった手形行為を別に考える必要があるのか(またはないのか)も,結構整合的に説明できますv

でも,無因で行くと減点されて有因で行かなければダメ,というのは,ちょっと問題の作り方(若しくは採点基準の作り方)としてまずいですねぇ。事実認定で分かれるのはあり得ても,どの説を採るかで分かれるか(もちろん,判例と異なる立場を採るなら,それなりの説明が必要になるけれども)っていうのは,あり得ないような気がします。

> ちなみに,僕らの説明の仕方だと,どうして無因・有因の立場が分かれるのか,そしてそもそも,なぜそういった手形行為を別に考える必要があるのか(またはないのか)も,結構整合的に説明できますv

まじっすか?すごく期待して楽しみにしてます!!
私みたいに普段やっている手法と手形法の思考方式が
違うのになぜ違うのかを説明できない教員って
結構多いのではないでしょうか?

ところで日本って物権行為の独自性を観念しているのでしょうか?
教科書レベルの知識によると
フランス系なんで(こういう整理も専門家からすると雑でしょうけど)
意思主義という理解ではなかったでしたっけ?
それが創造説が日本になじまない理由の一つだったような?

手形法の学説には興味を失っている世代ですが、判例の説明、判例集等の既存の補助教材との接続および履修後の学生の発展的な学習への興味喚起がうまくいっているのかには興味があります。
百選とか商法判例集の番号とリンクできていれば、とても使いやすくなると思うんですけどね。

> 百選とか商法判例集の番号とリンクできていれば、とても使いやすくなると思うんですけどね。

商法判例集とはリンクありw いやだって著者だし,宣伝せねばw

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)