コメント: Taiwanese Souvenirs

中国のお茶道具ですか?

急須(←でいいんでしょーか?)が小ぶりに見えますが、1杯分づついれるような感じなのでしょうか。

台湾茶の正式な功夫スタイルだと,こういう小さいので煎れます。

この小さい急須に茶葉を底が見えなくなるくらい詰めて→茶海にうつして→聞香杯で香りを楽しんで→湯呑みで味を楽しむ,というサイクルで,4-5煎くらいまで入ります。

茶器のフルセットってこんな感じ
http://stretch-goal.com/gtc/4_1.shtml
ですが,何故かうちには,こういうのが3セットくらいあったりするwwwwwwwwwww

ちなみに,中国本土のお茶はまた別の煎れ方になります。

ちなみに,台湾で茶芸店に行くと,このスタイルで飲めます。日本でも,気合いの入った台湾系喫茶店なら,やってるかも。

ありがとうございます。

発想は紅茶の淹れかたと同じですね。
中国茶は(発酵と半発酵の違いなのか)
3煎以降も美味しく飲めるのが不思議かつ経済的です。

ご家庭で3セットもお持ちとは本格的ですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)