コメント: donations and human capital

見当はずれかもしれませんが、

日本が平等なのは、日本はいい大学でも(その学歴に見合った)教育力がないから、学生は、卒業時に学歴にかかわらず、玉石混合な状態になって、企業がそれにあわせて合理的に行動している(学歴を判断しない)だけじゃないからなんじゃないですか。

そしたら、大学が学歴に見合った教育を提供しないと(そして、それに合わせて卒業要件を厳しくしないと)状況は変わらないんじゃないですかね。

Lalondeさんが、昔、日本とか韓国の方がHuman CaptalよりSignaling色が大きいから。いい大学の賃金への効果は日本とか韓国の方が大きいと言ってたような・・・・。

社会的リターンは低いでしょうが、一部の大学に行く個人的なリターンはワリと高いかもと思ったり。

実際、Harvardで習う授業とColumbia College Chicagoで習う授業がそんなに違うわけはないので(下手すると、TFがかなり教えてる分低いかも・・・。)。Human Capitalの傾向が強い方が”いい学校”の効果は低いんじゃないでしょうか?やっぱ。


うん,韓国は知らないけれど,日本はやっぱりsignalingだと思う。

同じ学歴の間で「いい」学校と言うよりはむしろ,1ランク上に登ること(high school/college/graduate)の効果だよね。human capitalっていうと。

アメリカは富裕層は寄付するものという文化というのがありそうですね。大学に限らず、地元のオーケストラとか、美術館とか、貧困層への援助とか、あらゆる面で日本よりも盛んなのではないでしょうか。
社会階層がかなり固定化しているアメリカは、いい大学を出た人が大学でのhuman capitalへのフィードバックで寄付をしているというより、寄付文化を子供の頃から言い聞かされている(したがって寄付することへの心理的効用が大きい)富裕層の子供が名門大学へ進学しているというほうが実態のような気もします。

あと、アメリカでは大学への寄付はいろいろと実利も伴っていそうです。進学にあたって、寄付している人の子供はやはり有利になっているという話もありますし。

USでは,もちろん富裕層の寄付が目立つし,税制上の優遇措置もあったりするのだけれど,それと同時に,普通の人も結構寄付するんだよね。自分の母校にとか。

それと,進学と寄付は,某Harvardなんかは,もちろんばりばり。でも,学位をお金で買えて,大学はお金がもらえるんだから,どっちにとっても望ましい取引なんだよね。何で日本は,裏口って言って非難するのかなぁ。

Human Capital->教育による実質的な生産性の向上
Signaling→生産性の向上を伴わないけど、情報の非対称性がある為、いいシグナリング送っておけばSorting Gainが得られる

みたいな感じです。

>何で日本は,裏口って言って非難するのかなぁ。
個人的には、こうすると、成績とかで入学した人にも利益ないと思うんですけどね・・。

①お金持ちの師弟がいた方が社会の有力者とSocial Connectionが出来、その後役に立つかも。
②お金持ちの師弟がいた方がかわいい子が多い。
③4000人勉強できる子が集まってるより、多様性があった方が生活が楽しい。

などなど色々なメリットが・・・。逆に誰が得するのかを考えると、その大学にいない人たちで。

①頭いい人の集団を社会の有力層から隔離しちゃえ~。
②頭いい人たちをかわいい子と出会えないようにしよう
③頭のいい人だけのいるオタクの巣窟にしてしまおう

いじめ?(笑)。

その①-③を見て,東大生のサークル活動を思い出したw

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)