コメント: within or between variations

なかなか珍しい日本映画のラインナップ。日本映画特集がAnn Arborで行われているんでしょうか。
下妻物語もnobody knowsも、いい映画ですよね。私も好きです。そういや、nobody knowsは、CSOのコンサートで隣に座った弁護士夫妻が絶賛していました。

CSOはRaviniaでしか聞いてません... いいですねぇ

Michiganは,日本研究の盛んなところなので,毎夏この催しがあるそうです。UofCのDocで各国の特集をするときもそうなることが多いけれど,このセレクションは,「日本の(現代)社会の様々な側面を外国の人に見せる」という視点からなされていると見ると一貫している気がします。下妻も,コメディではあるけれども,日本特有のサブカルチャーや東京と田舎の対比とかが出てくるし。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)