コメント: why softlaw?

Kaplowの"Rules vs Standard"の議論な気が。立法者の作ったルールだけが法律じゃないですからね~。解釈者に任せてdistinctionとover-ruleを重ねて進化していくCommon Lawもなかなか捨てたものじゃないかと。特に立法者がろくな情報を持っていない場合。ってShleiferもシカゴか・・・・元を正せば。

信頼の話はその通りだと思います。特にBeckerのRational Addiction, Suicideの議論あたりを見れば明白な気も・・・・。

うぉ。Rules vs Standardsは,ちょうどそれをネタに一本ペーパー書いてるところです。

でも,softlawの議論と,rules vs standardsの議論が違うのは,softlawは,ルールの適用対象が*自分で*ルールを作っている(上で書いたinternalizationなお話)のに対し,rules vs standardsの場合は,立法府・行政府か裁判所かという違いはあれ,ルールの適用対象ではない第三者がルールを作っているところですね。rules vs standardsでは,ex post/ex anteの区別が結構大事なんだけど,softlaw vs (rules|standards)ではそれ以前の問題ぢゃ,ということです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)