コメント: French + German

はつるさんフラ語もドイ語もできるんですね・・・すごい・・・。この間、聞いたんですが商法とか民法専門っていうと各国の商法や民法にも通じてなくてはいけないんですね・・・(びっくり)。

最近かなりまじめに法律勉強してます(スタバで)・・・ですがStrict Liabilityがおもしろくて全然前に進みません(涙)。コンドームとStrict Liability、犬とStrict Liability・・これおもしろすぎる・・・・・(笑)。

日本の法学者の多くは,書いたり話したりはともかく,読むところまでは,英語以外にドイツ語とフランス語までできます。両国の影響を受けて日本法が形成されてきたという歴史があるので。

犬は,日本でも事実上strictです。民法の規定上は,立証責任転換のnegligenceだけれど,実際の運用で無過失の立証がほぼ認められないので,strictに近い。コンドームは調べたことないけれど,Product Liabiliity系なら,strictに近いかも。直接の相手方間では何となく違う気がする(笑)。
strictにすべきかどうかは色々考えるべき点があるけれど,一般的には,保険が発達するにつれて,strictでもあまり問題がなくなってきているのぢゃないかな,と。

そう犬はStrictなんですけど、それが適応されるのは猛獣と認められてかららしくて、一回目の噛みは免除されるみたいです(通称one bite rule)。それを知ってから犬からもう少し距離を置いて歩くようになりました・・・。

保険があっても、頻繁に起こるとアメリカのMed MalのようにPremiumが高騰して問題になることも・・・。妊娠又は性病にかかったかどうか心配していた精神的なコストが請求できたら高そう・・・。コンドーム・・・。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)