コメント: again?

断るのは自由だけれど、断った事実を公表するのはやめた方がいいでしょう。いろいろな意味で他人に迷惑がかかります。

ご忠告ありがとうございます。このエントリを書いた際に,確かに,「このエントリを読んで『自分も断ろう』と考える人がいるかも」ということは頭をよぎりましたが(←これが,「他人への迷惑」のうち,最大のものではないかと思います),強行しました。メインの理由は2つあって
- 僕の商法学界における"異端"な位置づけからして,僕の判断の影響は小さいと予想されること
- 別にこのブログを経由せずとも,僕が断ったという事実は,噂etcのネットワークを通じてすぐにこのブログを読んでいる(であろう)人たちの間に広まることが予想されるから,仮に影響があっても「ブログのエントリなかりせば」とは言いにくそうであること
です。
このほかにも,編集者は,一応当該論点を担当するのは僕がいいと考えたのであって,僕の次に当てるのは,ひょっとするとsecond bestになってしまうかもしれず,そうすると,コンメンタールの質が落ちる,ということがあるかもしれません。しかし,仮にそうであったとしても,僕はやりたくない仕事に関してはかなりパフォーマンスが落ちる(落とす)人間なので,僕が書くよりは,他の人が書いた方がいい内容のものができあがるだろう,ということは,このブログを読んでいて,かつ,会社法コンメンタールに手を出すような人であれば予測が付くのではないか,という気がします。

ただ,これらの点も,「迷惑」が小さい,というだけで,ゼロになるというわけではもちろんありませんが...

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)