コメント: private ownership

これは面白いですね。アメリカのProperty taxだと、対物的な性格が日本より強いですし(前主が滞納してても、その不動産に関するtaxを払わなければ差し押さえられる)、tax lienの保護も厚いので、(制度的には)滞納があればあっと言う間に売っ払われてしまいます。

おひさしぶりです。

なるほど,確かに言われてみれば,日本の場合は,固定資産税に滞納があっても,その土地を差し押さえる必然性はないわけですね。「人」に対する租税債権に過ぎず,仮に別の人に当該土地が売却されても,詐害行為・債権者代位・否認などでしか保護されない,と。

それに比べると,USは,in remな権利ですねぇ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)