司法試験合格状況および進路

司法試験合格状況および進路(合格年別)

合格年 受験者数 最終
合格者数
進路
裁判官 検察官 弁護士 公務員等 修習生 その他
平成18年 42 20   2 18      
平成19年 96 47 3 2 42      
平成20年 127 59 2 2 53     2
平成21年 154 30   1 28 1    
平成22年 159 58 5   53      
平成23年 170 54 1 2 49 2    
平成24年 173 38 3 2 32     1
平成25年 173 39 2   37      
平成26年 159 42 1 2 36     3
平成27年 136 35         35  
合計 1389 422 17 13 348 3 35 6

司法試験累積合格率(修了年度別)

修了年度 修了者数 合格者数 累積合格率
既修 未修 既修 未修 既修 未修
平成17年度 45 29 64% 64%
平成18年度 49 30 36 22 73% 73% 73%
平成19年度 52 41 37 19 71% 46% 60%
平成20年度 67 41 40 18 60% 44% 54%
平成21年度 53 33 35 21 66% 64% 65%
平成22年度 54 44 31 19 57% 43% 51%
平成23年度 51 38 25 18 49% 47% 48%
平成24年度 47 24 30 5 64% 21% 49%
平成25年度 34 16 26 5 76% 31% 62%
平成26年度 22 15 13 5 59% 33% 49%
平成27年度 22 10 10 1 45% 10% 34%
合計 496 292 312 133 63% 46% 56%

後継者養成コース―大学院博士課程への進学

 東北大学大学院法学研究科では、司法試験合格後、専門的知識を深めたり、実務経験を生かした研究・教育活動に従事する場として、研究大学院の博士後期課程に「後継者養成コース」を設置しています。
 本コースの入学者は、研究大学院に在籍して、研究者及び実務家の複数の教員の指導を受けながら、法の理論と実務にわたる研究を行い、その成果を博士論文にまとめることにより、博士(法学)の学位取得を目指すこととなります。本課程を修了し、学位を取得した者は、将来、法科大学院において法学教育に従事するほか、法律実務の世界において高度の専門性を有する人材として活躍することが期待されています。
 平成26(2014)年度からはカリキュラムが見直され、本コースの入学者のうち法曹資格を有する者を対象に、長期間にわたって提携先の法律事務所に赴き、現実に事件を受任・担当することを通じて、中堅・ベテランの指導担当弁護士から、事務処理の実際について学ぶことを内容とする科目を新設しました。この科目の履修を通じて、専攻分野に関する視野を広げ、問題意識を磨くとともに、実務法曹として活躍するための修練を積むことが可能となることでしょう。
 本コースの入学者のうち優秀な者については、フェローとして採用し、一定の給与を支給します。フェローは、法科大学院における実務教育支援業務に従事することが予定されています(フェロー制度の詳細については、http://www.law.tohoku.ac.jp/graduate/about/scholar/をご参照ください)。

法科大学院修了後のキャリア支援活動

連続講演会

 実務法曹の方々を招き、法曹の仕事の内容や魅力、キャリア設計に関する考え方などについて、在学生・修了生が直接話を聞く機会を設けています。
 また、企業の法務部の業務内容等に関する講演会を開くなど、民間企業も視野に入れたキャリア設計のための情報も提供しています。

企業説明会

 法的知識を生かして、企業内で活躍することを希望する在学生・修了生を支援するため、企業説明会を実施しています。平成27年度は、日本銀行、七十七銀行、旭硝子株式会社による就職説明会・企業法務説明会を実施しました。
 また、法律事務所、官公庁、企業法務部等からの求人情報や各種説明会に関する情報は、インターネットや掲示を通じて、在学生・修了生に随時提供されています。

司法試験合格者向け就職支援説明会

 司法試験の合格発表直後に、合格者に対する就職支援説明会を行い、司法修習に関する説明のほか、実務家教員や先輩法曹から、司法修習生としての心構え、就職活動(事務所訪問・面接)上の注意点について話を聞く機会を設けています。

同窓会

 在学生と修了生の親睦を図り、修了生の活躍や母校の発展に資するための組織として、東北大学法学部同窓会法科大学院部会があります。年に1回、同窓会総会を開催し、総会後は、講演会や懇親会を開き、在学生や東北大学法学部生との交流を図っています。

△ このページの先頭へ