東北大学法科大学院

TOP 概要 カリキュラム キャンパスライフ 入試情報 Q&A メールマガジン リンク 所在地・アクセス 法学部・法学研究科 専門職大学院等教育推進プログラム
TOP > 授業風景 > 学生の声

授業風景

修了生の声 平成21年度修了生/大川 博俊

 私は、東北大学法科大学院に既修コースで入学し、2010年3月に卒業しました。私の学生時代の経験に基づいて、東北大学法科大学院についてご紹介します。
 授業の内容に関して、基本的な法律科目については、基礎的知識を前提としつつも、実際に実務家となった際に役立つと思われる応用的・発展的な内容が多く扱われていました。また、東北大学法科大学院には、国の審議会等で活躍されてらっしゃる多くの著名な研究者・実務家の先生方がいらっしゃいます。そのため、授業において日本の法曹界のトップでご活躍されていらっしゃる先生方の最先端のお話を聞くことができることが、東北大学法科大学院の特徴ということができます。もちろん、このような授業の中でも、基礎的知識について先生方から質問を受けることがあるので、学生は自学自習を求められます。基本的な法律科目の習得のためには、この自学自習を通じて基礎的知識を身につけることが不可欠であり、その上で授業に臨むことでさらに理解を深めることができます。
 他方、発展的な法律科目については、むしろ基礎的知識の習得を重視した授業がなされ、上記の基本的な法律科目と並行して無理なく学ぶことができるようとても工夫されていました。
 そして、これらの学習にあたり、友人と自主ゼミを組み、授業の課題や司法試験の問題等について、共に検討し、様々な意見をぶつけ合って議論することで問題に対する理解を深める事ができました。また、自習室においては、個人座席が与えられており、それが24時間利用可能であったため、各自が自分のリズムに応じて自学することができ、勉強に集中できる環境が整っています。
 自らが抱く理想の法曹像に近づくために、自習室で自己鍛錬を行い、友人と共に議論し、授業に臨むという作業を通じて、いつの間にか法律科目の理解が深まっていく、東北大学法科大学院は、私にとって、そういった場であったと思います。

前のページへ戻る
SITEMAP 災害時連絡先 PAGETOP