東北大学法科大学院

TOP 概要 カリキュラム キャンパスライフ 入試情報 Q&A メールマガジン リンク 所在地・アクセス 法学部・法学研究科 専門職大学院等教育推進プログラム
TOP > 法学未修者コースに合格された方へ(平成23年度入学者版)

法学未修者コースに合格された方へ(平成23年度入学者版)

東北大学法科大学院
第1年次科目担当教員一同

 東北大学法科大学院への合格おめでとうございます。皆さん、新たな目標に向け、意欲に満ちていることと思います。

 さて、法学未修者の皆さんの法学の勉強歴は様々だと思いますが、特に、今まで法学を専門的に勉強したことのない、全くの未修者の皆さんにとって、4月からの講義の内容を短時間のうちに理解することは、相当な負担になるものと思います。具体的には、第1年次で開講される、憲法、行政法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法の科目について、これまでの大学学部教育において、2〜3年をかけて講義されていた内容を、1年間で、それも、わが国の司法制度や法解釈学に関する知識がほとんどない状態から勉強を始めて、修得しなければならないのです。

 そこで、講義が開始されるまでの間に、ぜひ読んでおいてもらいたい本を下記に挙げておきました。これらの本には、入門から応用まで、さまざまなレベルのものが含まれていますが、いずれも4月からの講義に必要な前提知識を身につけ、よりスムーズに法科大学院での学習を始めるためには格好のものだと、私たちは考えています。これらの本を読み、講義に向けて、ウォーミングアップを行っておいてください。

 それでは4月にお会いするのを楽しみにしています。

(憲法)
 学部で憲法を専門的に学んでいない方は、樋口陽一『個人と国家――今なぜ立憲主義か』(集英社、714円(税込))を読んでおくと、憲法学の関心等がわかると思います。
 オーソドックスな入門書としては、伊藤正己『憲法入門〔第四版補訂版〕』(有斐閣、1680円(税込))をお薦めします。
 憲法は抽象的で難しそうだ、と思う方には、安念潤司・小山剛・青井美帆・宍戸常寿・山本龍彦編著『憲法を学ぶための基礎知識 論点 日本国憲法』(東京法令出版、2010年、2700円(税込))をお薦めします。
 全国で一番読まれているテキストとして、芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法〔第4版〕』(岩波書店、2007年)がありますが、同書は改版が予定されているようですので、それが刊行されてから購入することをお薦めします。
 なお、授業では、辻村みよ子『憲法〔第3版〕』(日本評論社、2008年、3885円(税込))と憲法判例研究会『判例プラクティス憲法』(信山社、2011年3月刊行予定、予価4000円)をテキストとして使用する予定です。

(行政法)
 ・藤田宙靖『行政法入門(第5版)』(有斐閣、2006年、1900円)…行政法の基本をやさしい語り口で解き明かしてくれます。行政法の世界への第1歩として推薦します。
 ・芝池義一編『判例行政法入門(第5版)』(有斐閣、2010年、2100円)…基本判例に即して行政法の基礎知識を整理したものです。判例にも触れながら行政法の門をくぐりたい方にお薦めします。
 ・宇賀克也編『ブリッジブック行政法』(信山社、2007年、2100円)…様々な具体例を用いて行政法の基本的な考え方を丁寧に説明するもので、L1・行政法の授業への導入として好適です。
 ・稲葉馨『行政法と市民』(放送大学振興会、2006年、2500円)…L1・行政法でテキストとして用いるものです。「入門」よりはレベルが少しだけ高くなりますが、初心者にも分かり易く書かれています。

(民法)
 民法は、あらゆる法学の分野に共通する概念や考え方を学ぶ場にもなっている重要な科目であるうえ、条文だけでも千条を遙かに超えており、必要な学習量は六法科目の中でも群を抜いたものです。
 そんな民法の学習は、さながら螺旋階段を上りながらより高みに登っていくように、何度も全体を学習する必要があります。入学してから講義とともに初めて民法を勉強するのでは、全体像がつかめずに苦労するでしょう。
 入学までに、是非次の3冊を読んで軽いジョギングを自力ですませておいてください。星野英一『民法のすすめ』(岩波新書、1998年、660円)で民法という法律の位置づけを考え、道垣内弘人『ゼミナール民法入門(第4版)』(日本経済新聞社、2008年、3360円)大村敦志『民法総論』(岩波書店、2001年、2100円)を読了して民法の勉強の仕方の見当をつけるという予習です。
 さらに次の本もジョギング用にお薦めです。
 ・大村敦志『生活民法入門』(東京大学出版会、2003年、3200円)
 ・河上正二『歴史の中の民法』(日本評論社、2001年、3400円)
 ・伊藤真『法律学への誘い・第2版』(有斐閣、2006年、2500円)

(商法)
 商法を学ぶには、民法の基礎的な理解が前提になるので、民法に不安のある人は民法の復習をしっかりしておいてください。その上で、商法の中心をなす会社法については、開講時までに教科書・概説書を使って基礎的な知識を確認しておいてください。簡単な入門書として神田秀樹『会社法入門』(岩波書店、2006年、740円)を使って会社法の全体的な構造を理解した上で、教科書や概説書を読み進めるとよいでしょう。さらに時間に余裕のある人は、短答式試験の過去問を少しずつ解いてみて、わからないところについては教科書や概説書にその都度戻って確認する、という形で学習を進めると、理解がいっそう進みます。

(刑事法)
 今まで刑法を専門的に勉強したことのない方は、下記の本のいずれかを読んでおいてください。
 ・井田良『基礎から学ぶ刑事法(第4版)』(有斐閣、2010年、1890円)
 ・大谷実『刑事法入門(第6版補訂版)』(有斐閣、2010年、2310円)
 ・高橋則夫『刑法の考え方』(信山社、2009年、2310円)

 すでに刑法を大学の講義などを通じて専門的に勉強したことのある方は、下記の本のいずれかを読んでおいてください。
 ・町野朔『プレップ刑法(第3版)』(弘文堂、2004年、1470円)
 ・大塚仁『刑法入門(第4版)』(有斐閣、2003年、3675円)

(司法制度)
 わが国の司法制度(裁判手続の概要とそれに関与する人々)に関する理解は、法律学を学ぶ上で、欠かすことはできません。下記の本を、入学までに、必ず読んでおいてください。
 ・市川正人=酒巻匡=山本和彦『現代の裁判[第5版]』(有斐閣、2008年、1785円)

(民事訴訟法)
 まずは、司法制度の項に掲げられた『現代の裁判[第5版]』をしっかり読んでください。その次は、第1年次後期に開講される民事訴訟法の教科書である山本弘=長谷部由起子=松下淳一『民事訴訟法』(有斐閣、2009年、2520円)にチャレンジするのがよいでしょう。ただし、同書が難しく感じるのでしたら、より平易な中野貞一郎『民事裁判入門[第3版]』(有斐閣、2010年、2205円)か、さらに平易な山本和彦『よくわかる民事裁判―平凡吉訴訟日記[第2版補訂]』(有斐閣、2008年、1785円)で民事訴訟の具体的なイメージをつかむことから始めることをお薦めします。

(刑事訴訟法)
 刑事訴訟法の学習は、刑法の基本的な理解が前提となりますので、特に、今まで刑法・刑事訴訟法を専門的に勉強したことのない方は、まず、刑法をしっかり勉強してください。
 第1年次後期に開講される刑事訴訟法では、教科書として、長沼範良=田中開=寺崎嘉博『刑事訴訟法[第3版]』(有斐閣、2008年、2310円)を用います。時間のある夏休みに、この本を読み進めておいてください。さらに、余裕のある方は、法学教室(有斐閣、月刊)に連載された、酒巻匡「刑事手続法の諸問題」、「対話で学ぶ刑訴法判例」、現在同誌に連載中の「演習(刑事訴訟法)」を読んでみて下さい。内容は相当高度ですが、概説書では説明が十分尽くされていない、基本的で重要な問題について、理解を深めるうえで非常に有益です。なお、刑事訴訟法に関する専門的知識の有無にかかわらず、刑事訴訟の現実に触れ、これから皆さんが学ぶ「法」の持つ厳しさを知るため、いくつかの刑事裁判を実際に傍聴することを強く勧めます(裁判傍聴のしかたについては、前掲『現代の裁判[第5版]』74〜75頁を参照してください)。

前のページへ戻る
SITEMAP 災害時連絡先 PAGETOP