公募

平成21年度グローバルCOE(GCOE)フェロー公募のお知らせ

(公募は終了しました)

東北大学グローバルCOEプログラム「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生(Gender Equality and Multicultural Conviviality in the Age of Globalization)」拠点では、GCOEフェローを下記のとおり公募します。

【本GCOEプログラムの目的】

本プログラムのミッションは、ジェンダー平等と多文化共生に関する総合的な社会科学の観点から、世界規模の研究教育拠点を構築することです。より具体的には、

  1. 近年のグローバリゼーションが生み出した新しい社会問題を分析します。
  2. ジェンダー及びその他の社会的平等を実現し、異なる社会集団間の紛争を解決するための社会的条件を探究します。
  3. 上記の諸分野で研究する博士課程学生とポスドクをはじめとする若手研究者を支援します。

 

【GCOEフェローに期待される役割】

GCOEフェローは、本プログラムの研究テーマに関わる各自の研究を進めて世界に通用する成果を挙げると共に、本プログラムが主催する研究会・国際ワーク ショップの企画・準備と参加、GCOEジャーナルへの寄稿などを通じて、本プログラムの発展に寄与することが期待されています。



【研究分野】

本プログラムが取り組む研究分野は、公法学、民事法学、社会法、労働法学、刑事法学、国際法学、国際政治、比較政治、社会政策、行政学、経済学、社会学、教育学など多岐にわたっています。
より具体的な研究課題については、ホームページ(http://www.law.tohoku.ac.jp/gcoe)の「プロジェクト一覧」に掲げられている各研究プロジェクトの研究テーマを参照して下さい。

 

グローバルGCOEプログラム
「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」
拠点リーダー 辻村みよ子

 

 


 

 

GCOEフェロー

 

募集人員

2名程度

採用月日

平成21年10月1日付け(予定)

雇用期間

平成22年3月31日まで(ただし、平成23年3月31日まで更新は可能である。)

 

身分

東北大学大学院法学研究科准職員(週38時間45分)
給与:年間税込み約430万円(期末・勤勉手当、住居・通勤手当を含む)

職務内容
  1. セミナー等での研究発表並びにGCOEジャーナル等への執筆
  2. 各種研究会の開催準備並びに運営補助
  3. その他

 

その他
  1. 審査の上、優れた研究計画に対しては自らの研究を推進するための特別研究奨励金を支給する。
  2. 国際会議などでの報告を学術面・経済面で支援する。

 

 


 

 

応募資格

  1. 博士号取得者または同等の能力を有する者
  2. 本プログラムと関連のある研究を行っている者、あるいは関連研究を行う予定の者
  3. 日本学術振興会特別研究員-PDではない者

 

提出書類

  1. 履歴書…1通
  2. 研究業績リスト…1通
  3. 代表的業績の別刷…3篇以内
  4. 研究計画書…1通(採用された場合にどのような研究を行うのか、具体的に記述したもの。2000字以内)
  5. 外国人登録済み証明書の写(日本に在住する外国籍の者)

*履歴書、研究業績リスト、研究計画書の様式は、拠点事務局までご請求下さい。

拠点事務局のメールアドレスは以下になります。

 

応募締切り

  1. 外国籍の者 2009年8月3日(月) 12時必着(郵送・持参)
  2. 日本国籍の者 2009年8月31日(月) 12時必着(郵送・持参)

 

選考方法

選考委員会による書類選考

*面接を実施する場合もあります。その場合には追って連絡します。

 

提出先

980-8576 仙台市青葉区川内27-1

東北大学法学研究科内GCOE事務局

(封筒に「(GCOE)フェロー候補者応募書類在中」と朱書のこと。)

Return to page top