公募

国際高等融合領域研究所特別研究員(GCOE連携)公募のお知らせ

(公募は終了しました)


東北大学国際高等融合領域研究所(http://www.iiare.tohoku.ac.jp/laboratory/index.html) と東北大学グローバルCOEプログラム「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生(Gender Equality and Multicultural Conviviality in the Age of Globalization)」拠点では、下記の要領で特別研究員(GCOE連携)を国内外に募集します。

 

【本GCOEプログラムの目的】

本GCOEプログラムは、「グローバル時代の男女共同参画(ジェンダー平等) と多文化共生」に関する世界的ネットワークを確立し、社会科学を総合する学際融合研究教育基盤を創生することを目的としています。東京大学社会科学研究所 や海外の諸機関との連携に基づいた人材育成プログラムにより、若手研究者・法曹実務家・政策担当者など高度な専門家を養成することを目指し、教育研究の成 果を政策に還元します。

 

【研究分野】

本GCOEプログラムが扱う研究分野は、公法学(人権問題等)、民事法学(家族等)、社会法・労働法学(雇用・社会保障等)、刑事法学(性暴力等)、国際法学・国際政治(グローバル化・ナショナリズム等)、経済学、社会政策、行政学、社会学、教育学にまたがっています。 本GCOEプログラムが取り組む具体的な研究課題については、ホームページ(http://www.law.tohoku.ac.jp/gcoe/)に掲載している研究プロジェクトの欄をご覧下さい。

 

グローバルCOEプログラム
「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」
拠点リーダー 辻村みよ子

 

 

 


 

 

 

 

特別研究員(GCOE連携)


募集人員

1名

 

採用月日

平成21年4月1日付け(予定)

 

雇用期間

平成24年3月31日まで

 

身分

東北大学国際高等融合領域研究所助教

 

給与

年俸上限約520万円(手取り)  なお、採用時年齢により年俸に傾斜設定がなされます。

 

職務内容

「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」研究教育拠点において、事業推進担当者1名をアドバイザーとし、アドバイザーと研究の内 容や方向性について協議しながら東北大学研究拠点の12プロジェクト(拠点ホームページ参照)のいずれかに所属して、自らの研究プロジェクトを進める。ま た国際高等融合領域研究所における研究活動にも従事する。エフォート率は拠点において90%、研究所において10%とする。
国際高等融合領域研究所特別研究員(GCOE連携)は、上記の研究テーマについて各自の研究課題を追求するとともに、共同研究会や国際シンポジウムの企 画・準備と参加、研究叢書への寄稿などを通じて、協力して本研究拠点の研究成果をあげることが期待されています。

 

その他
  1. 審査の上、優れた研究計画に対しては自らの研究を推進するための特別研究奨励金を支給する。
  2. 国際会議などでの報告を学術面・経済面で支援する。

 

 

応募資格

  1. 博士号取得者または同等の能力を有する者
  2. 本プログラムと関連のある研究を行っている者、あるいは関連研究を行う予定の者
  3. 日本学術振興会特別研究員-PDではない者

 

 

提出書類

  1. 履歴書・・・1通
  2. 研究業績リスト・・・1通
  3. 代表的業績の別刷・・・3篇以内
  4. 研究計画書・・・1通(採用された場合にどのような研究を行うのか、具体的に記述したもの。2000字以内)
  5. 推薦状・・・1通
  6. 外国人登録済み証明書の写(日本に在住する外国籍の者)

 

*履歴書、研究業績リスト、研究計画書の様式は、拠点事務局までご請求下さい。
拠点事務局のメールアドレスは以下になります。

 

応募締切り

2009年1月15日(木) 必着(郵送・持参)

 

選考方法

選考委員会による書類選考のうえ、候補者を国際高等融合領域研究所に推薦し、研究所選考委員会が書類審査・面接により最終選考をする。
*応募者多数の場合には面接を実施する場合もあります。その場合には追って連絡します。

 

提出先

980-8576 仙台市青葉区川内27-1
東北大学法学研究科内グローバルCOE事務局
(封筒に「国際高等融合領域研究所特別研究員(GCOE連携)候補者応募書類在中」と朱書のこと。)

Return to page top