イベント

【2012年8月27日(月)17:30-20:30】「法と科学」研究会兼GCOE研究会

「科学的証拠と訴訟手続~不確実な科学的状況での科学裁判、特に法的・社会的意思決定の素材としての科学的専門知見の活用について~」

(共催:「JST-RISTEX「科学技術と社会の相互作用」領域・研究プロジェクト「不確実な科学的状況での法的意思決定」科学グループ」) (水野プロジェクト2)

 

1. プレ・トークセッション

「科学と法的判断に関する導入的解説」

報告

吉良 貴之 (常盤大学・JST-RISTEXプロジェクト研究員)

 

2. 「法と科学」研究会 兼 GCOE研究会

「不確実な科学的状況での科学裁判,特に法的・社会的意思決定の素材としての科学的専門知見の活用について」

報告

ピーター・マクレラン (オーストラリア ニューサウスウェールズ州最高裁判所・コモンロー主席判事)

アンドリュー・スターリング (英国 サセックス大学・科学技術政策研究部長)

参加者

杉山 悦子 (一橋大学法学研究科・准教授) 他

 

開催場所

片平キャンパス エクステンション教育研究棟2階・201A 講義室

 

会場風景

 

H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (1)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (2)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (3)

 

H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (4)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (5)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (6)

 

H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (7)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (8)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (9)

 

H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (10)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (11)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (12)

 

H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (13)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (14)H24.08.27 “Law and Science” Seminar & GCOE Seminar (15)

Return to page top